スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライムシティと貪欲中学生。



こんにちは。


ついにクライムシティでワンマンライブをすることになりました。





2013年3月15日@池袋アダムです。





まさか自分のバンドだけでライヴハウスを一日使うことになるとは


バンドを始めたころには夢にも思っていませんでした。



思い返せば、私はライブをするつもりもなく、バンドを組みました。

スタジオで練習するだけで良かったのです。

それがいつの間にか、ワンマンライブですからね。


人生何があるか分かりませんね。




まぁ二度目はないと思いますから、

お暇でしたら、友達100人連れて遊びに来て下さい。






あわはら

は?貪欲中学生。




「フラれ女子のメーク術」






意味がわからん。




あわはら

太もももももももものうち貪欲中学生。



お久しぶりです。

あわはらです。



めっきり寒くなってきました。


寒いのが苦手な方はすでに春が待ち遠しいのではないでしょうか。




最近、町に出る度にふと思うことがあります。


それは、女性の服装です。……というか太ももです。





女性は、暑かろうが寒かろうが関係無しに脚を出していますね。(もちろん全員とは言いません。)



脚を出してはいけない」と思っているわけではないですが、


あれは一体何の意味があるのでしょうか。




暑いのですか?……いやいや夏なら解りますが、寒い冬には考えにくいですね。


オシャレですか?……いやいやオシャレなら脚を出さずに済む方法がいくらでもあるはずですね。


露出癖ですか?……う~ん、町にはそんな数多くの露出癖女性が居るとは思えないですね。


修行ですか?……なんの?





考えれば考えるほど謎は深まるばかり。

今日も、寒い寒い言いながら歩く脚出し娘が私の前を通り過ぎました。

理解したいですが一生分からないのでしょうね。




あわはら



文字と貪欲中学生。


またまた女性雑誌がおもしろいです。


「モデルが教えるかわいいと言われるためのメイク術」

「秋冬を乗り越える6つのアイテム」

「彼を振り向かせるメイク」

「本当に気持いいエッチとは?」


女性雑誌の表紙に書いてあるのは、「服」「化粧」「セックス」

この3つくらいのもんです。


毎年飽きもせず同じことばかりを繰り返して何が良いのでしょうか?

ローティーンならまだしも、20代があれを真剣に毎号買って熟読している様を想像しただけで吐き気がしますね。



思慮深く、自律精神のある女性が少ないから

ユダヤ人に「成功するためには、食べ物と女にまつわる事業を行えば良い」と軽く馬鹿にされるのですよ。



まぁ、私の周りに、女性ファッション雑誌を買うような知り合いが居ないのは大変救いになっています。


そろそろ、女性も世間から遠まわしに馬鹿にされていることを自覚するべきなのではないでしょうか。



あわはら





クリエイティブと貪欲中学生。



バンドをやっている人は、なんだかんだでモテる人が多い。


そういう人がやっている音楽はまったく楽しくない。知的好奇心を満たしてくれない。批判的でない。クリエイティビティを感じない。恋愛や仲間のことをよく唄う。

それに加え、自称サブカル好き女のファンが多数ついてる。(その女は本当のサブカルチャーを全然知らない)



深層追求に没頭しているバンドは珍しい。

だから、本当の意味で音楽を奏でているバンドを見ると嬉しい。

そういう人にはきちんと声をかけさせて貰っている。



ちなみに、こんなこと書くと、お前はどうなんだ?と言われそうですね。

たしかに、私の音楽は稚拙です。

だが、音楽を通して自己の思考や感情、本能、創造を追求していることには自信を持っています。

伊達に一人の世界に没頭しているわけではありません。


あわはら
プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。