スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃弾の如し。貪欲中学生。




本当に早いもので、もう3月も下旬です。



なにかしなくては…、と思っているだけで月日は無情にも高速に過ぎていきます。



ただ、私だって何もしない自分に飽き飽きしてますのでね、



多少は動いていますよ!




なんと、新しくバンドを始めようと思っています!



メンバーも女性が入ってます!




今のところ、28歳と35歳の方が決まってて、私はギターだけに専念しようかと思ってます。




いやー、あわはらさんにしては頑張ったのではないでしょうか。




少しでも成長しようと決心して、新境地に足を踏み入れてみました。



これからは、アホみたいな音楽だけじゃなくブルースとかもやってみたいですな。




みなさん、興味ないよね。。





あわはら
スポンサーサイト

なんかもう…。貪欲中学生。




教習所での映像講習で、


「車内の中での淫らな行為は止めましょう。」


というニュアンスがありました。




なんかもう…なんかもう……でした。



あわはら

性欲と貪欲中学生。





性欲が目覚めた瞬間の話ってしましたっけか?



まぁいいや、知ったこっちゃないやな。






いろんな人と仲良くなるには性の目覚めの話を聞くのが1番です。




私の周りには、保育園の先生のおっぱいを見た瞬間に性を呼び起こされた人や、

家畜人ヤプーを読んだ瞬間に性を呼び起こされた人(これは激しく同意します。)などがいます。

彼奴らは、現在ハードなSMや、恥ずかしがる保育園の先生、筆で身体をソワソワされるなどの妄想で日々を乗り越えているそうです。

かく言う私も、保育園の先生が屈んだときに見えたジャーブラに興奮したのを今でもハッッッッッキリと覚えています。




そのような記憶を繋げていくと、

私のように、ハンドクリームの匂いでなぜか下半身がピクンッとなる理由とか、

意外と面白い自分のルーツを発見出来ますよ。







みなさんも初対面の人には、性欲の目覚めを聞いてみましょう。

そして、嫌われちゃってください。




ではごきげんよう。




叶・ロボットに見える・姉でした。

自転車と彼女と貪欲中学生。





出来れば、、出来れば女の子と一緒に登下校したかった。

机を並べて勉強したかった。

バレンタインデーとかに呼び出されたかった。

学ランとセーラー服で並んだ写真を撮りたかった。




今私の目の前を行く男女の高校生よ、


決して今の時間を無駄にしないでほしい。


その瞬間瞬間は、何にも代えがたい感情と微熱を与えてくれる。





私の青春は始まっていない。



それはいつか来るのだろうか。



はぁ。


あわはら




始まりと貪欲中学生。



もう少しで、今年度の活動が終わりますね。

世間的には4月から新年度であって、新しい年の始まりです。


個人的には、大きな起点となる年です。


今年の出来次第で、後の生き方に関わってくると言っても過言ではありません。私事も公事も。






昨日今日と大分温かくなってきました。

そろそろと時系列が私を置いていきます。

慟哭する暇もありません。旅に出る暇もありません。

時間にすがり付いていくだけで精一杯です。

どうにか生きていくために、力を尽くすのみです。






みなさん、苦痛を強いられることも多いと思います。

ですがどんな生き方をしようとも、お互い諦めずに抗いましょう。


あわはら

好きな人と貪欲中学生。





~の人が好き。とよく聞きます。



髪の毛が長い人が好き。背の高い人が好き。胸の大きい人が好き。身体が細い人が好き。メガネ掛けてる人が好き。……。




聞くたびに胸糞悪くなります。

ゴミムシが汚い言葉で私を凌辱します。

人の形をした袋が醜い欲望を吐き出します。


だって、言うこと言うこと矛盾と無思慮を感じるのですもの。

髪の毛が長い人、身体が細い人、メガネを掛けてる人…。

すべて人ではなく、髪の毛が身体がメガネが好きなだけだと思います。

身体的内面的特徴も魅力の大事なファクターであることは間違いありませんが、

私はそんなものにアイデンティティーを感じません。

「~だからこの人が好きだ。」と、決して簡単に終わらせることはしないでほしいです。

私は個人的に、優しい人だって、男気ある人だって、料理の出来る人だって、アイデンティティーに成り得ないと感じてしまいます。

いつだって言葉にするのは難しくて、「~な人が好きだ。」って言うことは、容易に出来ません。

この人が好きだ、って言える人に羨望を抱き、同時に軽蔑の感情を抱いてしまいます。

好きだと言えるのは素晴らしいことだと思いますが、それと同時にその言葉に責任と畏敬を持つべきなのではないでしょうか。


~な人が好きだ。それは誰でも良いから~な人が好きだと言っているように聞こえます。


私が考え過ぎで自意識過剰なだけかもしれませんが、以前から感じていたことを吐露させてもらいました。


以上。



あわはら

プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。