スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格が悪い?うんそれでかまわない。貪欲中学生。




前のトラックバックについてブロガーたちの返答載せておきます。






色々ありますが・・・。
やはり気遣いと優しさかな~と思います☆
いくら見た目が良くても、それらがないと冷めますね~^^;

あとは、話していて楽しかったり面白かったり・・・。
そういう人がいいですね~~(≧∇≦)
性格や気が合わないな~と思ってしまったら、もう全然駄目です。

時間を守らなかったり、約束をやぶるのもNG><
マナーの守れていない人は論外です(ノД`)

優しい気遣いのできる、自分と合う人。
常識的な人。

自分の求める条件はこんな感じです♪
内面のことばかりですねw
外見は・・・だらしない感じの人は嫌ですが、あまりこだわりはないです。

好きな人にはたくさんかまわれたいです(*´∇`*)









ありきたりだけど

居てほしい時に近くにいてくれる

病気とか不安になったときにいてくれると
ホッとするよ

逆にそういうとき独りだとね、、、

やっぱ、人は一人では生きられない...んだから

そうなると一緒にいて疲れないとか
っていうのもそうだね

無理して一緒にいても意味ないでしょ?
ツライだけだし

ほんと

ありきたりだけど

お互いが しあわせ になれればいい

そんな伴侶がほしいいです!










ずばり私は包容力がある方がいいです!!!
時に褒めてくれ、時に励ましてくれ、しかってくれ・・・私のことを調教できる方!!!←おい
てか一緒にいて落ち着く人がいいわね~。

最近友人に「愛してくれないんじゃなくて、自分が愛そうとしてないんじゃないか」
なんて言われてしまった。

あ~愛か・・・。
てかかなりそれ言われてぐさっときたわぁ。
むむむ・・・。
恋に前向きになれないのが悔しい。
 











こんな記事載せてどうすんだよ。あわはら。


わかっちゃいるが、腹が立つのよ。言う資格なんかないよ。知ってる。










まぁ、どうせみんな別れるんだろ?

最初だけ理由つけて付き合ってみたりするけど、

どうせ、そのうち飽きるんだろ?

そんな奴らが何か言ってもムダだよ。

数いる恋人から妥協して結婚して、適当に生きるんだろ?

一生やってろ。

なにが貞操観念だよ。そんなの持ってるやつは一人も会ったことない。






あわはら
スポンサーサイト

みじめみじめみじめもみじ貪欲中学生。




鼻につくトラックバックテーマがあったので載せておきます。






こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です。
今日のテーマは「恋人に求める条件」です!

人それぞれ好みのタイプなどあると思います
あなたが恋人に求める条件は何ですか?

私はあまり条件っていう条件はないんですが、
あえて言うなら筋肉!!ですかね
(ちなみに新村は女なんで男性に求める条件になります笑)

そこまでマッチョが好きなわけじゃないんですが
やっぱり筋肉がある人には惹かれてしまいます。。。

性格的なことなど細かい理想とかはここにあげれないぐらいあるんですが・・・
分かりやすく条件つけるなら筋肉です

ということで皆さんの恋人に求める条件・・・
トラックバックでお聞かせください








新村さん、あなたには悪意はないのでしょうね。


あなたのような人が私たちを追い込んでいるのだという自覚を持ってもらいたいものです。






無知の知による恐怖や劣等感は、行動に制限をかけると同時に人に優しい。



新村さん、私たちにもうこれ以上何も言わないでください。






あわはら






今日という一日と貪欲中学生。







今日はごみゼロの日です。







ここに集うごみ虫のみなさんは、今日はさぞ肩身の狭い思いをしたことでしょう。







ごみなんだから、でしゃばることのないよう教室では隅でひっそりと読書でもして過ごしてください。







ごみ虫のあなたは、今日という日を噛み締めて短い人生を諦めつつ生きましょう。









私自身もごみという自覚を忘れずに生きます。









あわはら







粘液と貪欲中学生。







コメントの研究って言葉を見て思いだしました。







小学生のとき、理科の実験で、



唾液を採取して顕微鏡で観察するという実験がありました。




ありましたよね?








あれ、今思えば



かなり性癖をくすぐられると思います。






好きな女の子の口に綿棒を突っ込んで、ネバネバを取り出すわけですよ。




そんで、顕微鏡で細部まで覗いてしまうのです。






当時はまったく気がつかなかったのです。


まぁもったいないわ。










はぁー…、世の中にはピンクが落っこちてますな。


気つくのに遅すぎました。









あわはら






良い思い貪欲中学生。







給食の時間。




配膳している最中、クラスの女の子が


僕のズボンにスープをこぼしてしまい、


「ゴメンね…ゴメンね…。」


と泣きながら、拭き取ってくれる淫夢。











もちろん、おしっこは漏らしてましたよ。








あわはら




洒落が通じない世界もある貪欲中学生。









私はラーメンが好きです。




だからラーメン屋も好きです。







店内の内装は汚く、


客はやさぐれた感じで、


美味くもなくまずくもない、


なぜかカレーも食べられる、


ような店が好きなのです。











だから、「健康コラーゲン」「女性にもオススメ」


などの文句がある店は大嫌い。




だから新宿にある「個室アリ」のなんとかラーメンって店は大嫌い。









お前らの入る隙は1ミリもないのだ。

失せろ。







あわはら







どういうワケだ?貪欲中学生。






この前、ブックオフに買い物に行ったときの話です。








小学校高学年くらいの女の子が小説を立ち読みしていました。







ほほぉー、感心感心。と最初は気にしていなかったのですが、







女の子が、なにやらあたりをキョロキョロ、体をモゾモゾしながら読んでいるので、







トイレにでも行きたいのか?と私は彼女を見ていました。








少しして、また女の子が手元の本に目を落とし、ページをめくったときです。









その小説には、胸の大きな女の子がでかでかと「自慰」をしている絵が載っていたのです。











私は、「こんな小学生の女の子が…まさか……。」と動揺すると同時に





えもいわれぬ性的衝動を感じました。










すぐに女の子を保護し、イヤラシイお仕置きをしなければ!と思ったのですが、






思い直し、歯を食いしばりながら店を出ました。











私の判断は正しかったのでしょうか?



それとも、お仕置きをするべきだったのでしょうか?









街には性があふれています。

性欲と自己嫌悪のはざまで。








あわはら








プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。