スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがく人と貪欲中学生。






ご無沙汰です。

あわはらです。







この前渋谷でライブをやったときのこと。







私たちはいつも通り、ライブハウスを引っ掻き回すほどのライブをしました。





お客さんにデカビタを吹き掛け、はいずり回り、

ギャーギャー叫んでいました。









私たちはライブが終わると、


なんでいつもこうなんだろう…。とか。

どうせ、またライブハウスのスタッフに怒られるんだ。とか。


そんな気分でいました。








でも、そんな私たちにも嬉しいことがありました!


こんなライブをしていたにもかかわらず、


お客さんに褒められたのです!



「ライブってこうでなくちゃな!最高だったよ」って。







正直かなり嬉しいです。

わかってくれる人もいるんだな。って。

やっててよかったです。








私たちを見に来てくれていた「切り裂かれた血みどろナプキンズ(名前も演奏も最高!)」の方にも大絶賛して頂きました!


ありがたやありがたや。







いつもいつもくだらないことばっかしの私たちですが、

看病する気持ちで、温かく見てやってください。











あわはら








スポンサーサイト

ドブスは世界を救う!貪欲中学生。









久しぶりに感激するようなドブスを見ました!








私がアルバイトしているカレー屋でのことです。










私はその三人が入ってきたとき、



ドブスオーラで、身を退けてしまいました。






あまりにも、あまりにも、



絵に描いたようなドブス三人組。








もちろん、今から食べるカレーのことを話しながら来店。いや来日。







五人席のカウンターを三人で占領して、


満足げにそろって大盛りを注文。


(我がカレー屋の大盛りは、ご飯500g、ルー300cc、具材はたくさん。ちなみに私は食べ切れません。)





出てきたカレーを美味しそうに、ホクホク顔で頬張っています。




しかも大盛りカレーを食べながら、

「食後のデザートはやっぱり生クリームが良いね!」

と、早くも楽勝ムード。




結局


10分と掛からずに、食べ終わりました。





そこから、デカイ声で30分ほど談笑して帰っていきました。









んー、文字では伝わりづらい感じではあるが、わかってもらいたい。








あ、あと、
私は、決して馬鹿にしているわけではない。




彼女らには、心を洗われましたよ。













三人組が帰ったあと、


社員の人が、





「終わってる三人だったね…。」





と残したのが、印象的でした。











もうひとつ、



今学校でこれを書いていますが、




前の席でこれまたドブスがカロリーメイトを食べています。





もちろんチョコレート味です。









あわはら





はぁー…。貪欲中学生。







いくらお前ご自慢の髪の毛をミリ単位で動かそうが、



いくら手鏡で自分を望み見込もうが、




いくら厚い化粧で素顔を隠そうが、




いくら服を着込もうが、




いくら偽ってもいくら偽っても、










お前は醜い。












不細工は努力が必要です。


誰にも追いつかれない努力が。









あわはら

うわー…貪欲中学生。








すごいものを見ました。









コンビニにて、











男性で、歳は50?60くらいでしょうか。












女性店員にアダルト雑誌を選ばせています。









姉ちゃんの好みは?とか、


もうちょい若い女の子が良いとか、








店員さんは嫌な顔一つせずに、選んでいます。


偉いです。









労働の厳しさがよくわかる現場でした。


みんなああやって耐えて銭を得るのです。









あわはら






悔しさと憧れと貪欲中学生。






エレファントカシマシの遁生とか、


ドアーズのTHE ENDとか、


赤塚不二夫の元祖天才バカボンとか、


氷室冴子の海が聞こえるとか、


山田風太郎の忍法帖シリーズとか、


会田誠の美少女とか、




自分には全く思いもつかない作品がいっぱいあります。


それらには言葉にならないほど感激します。


それこそ涙を止まらぬほどの感激です。



それと同時に、空しさや、悔しさにさいなまれます。








私は、何をやっているんだろう。

私なんかがやっても彼らのように誰かに感動を与えることなんか出来ない。

とね。







それでも、好きなので創造は止まりません。





今まで生きてきて思ったことは、



今日もなんか空しかったけど、明日もたぶん生きてるんだろうな。



ということだけ。










出来ることなら、誰かに本当の感動を与えることをしてみたいです。



まぁ、充実感や幸せを感じていたいのでしょうね。









くだらんな。あわはら。

いっちょまえに。







ごめんなさい。







あわはら







珍味貪欲中学生。






鴨の舌です。



意外と鴨の風味もあり美味しい。

なんともまぁ。。貪欲中学生。








こういうのが好き。





偶然の産物か、はたまた陰謀か。

改めて貪欲中学生。









2011年。





今年はどんな年になるのでしょうか。






去年は、珍しく嬉しいことが多かったです。






その反動か、今年は不安でいっぱい。








はたして、私は就職を通して社会に適応していくことが出来るのでしょうか。









ほかにも数々の悩みがつきません。











それでも時間は止まることはないので、







前に進むしか出来ないのですがね。













とりあえず、






今年1番のおみくじは、






「頑張らないと、置いていかれるぜ。」






のようなことが書いてありました。










気を引き締めていきます。












新年の挨拶にかえて、





あわはらでした。










プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。