スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりなく貪欲中学生。







大晦日はもちろん仕事をします。





どうも、あわはらです。






10時から21時までバッチシです。







日常と変わりない年の瀬。



盛り上がれない自分にわびしい気もしますが、



そんな大晦日も4年くらい連続だと、わびしさも薄れゆくしだいです。








みなさんは、どうお過ごしでしょうか?






1年を振り返る大晦日になっていますでしょうか?





まぁどちらにせよ、行く年もあれば来る年もありますので、



どうか、来年も健やかに慎ましくお過ごしください。








では、また来年。









あわはら












追伸、来年こそはPS3を買って、ファイナルファンタジー13をやりたいです。
スポンサーサイト

二度と…貪欲中学生。







二度とファストフード店に、


一人で行くもんか!





私はマクドナルドだとか、ロッテリアだとか大嫌いだ。




こっちのことを、大勢の中のたった一人の客だと思いやがって。




流れ作業か?お前はベルトコンベアーの機械か?




いや、機械の方がマシだ。












今日、ケンタッキーに買い物に行った。




そこでのこと。








私が店に入っても、いらっしゃいませー!の一言もない。


まぁまぁ。


そんなことあっても腹を立てて怒ったりしない。





列を待ち、店員のぶっきらぼうな


「次の方ー。」


の合図でカウンターへ向かう。


まぁまぁここで怒ったりもしない。


深夜だし、疲れているんだろう。







注文を伝える私。


その店員は注文を聞いても、復唱もしないし、相槌も入れない。


それどころか、他の店員となにやら和気あいあいと話してやがる。


まぁまぁ、こんなことで怒ったりしない。





注文を伝え終わった私は、一万円をカウンターに置いた。


店員は何も言わずそれを取り、お釣りを手渡してきた。


まぁまぁ、そんなことで怒ったりしない。







ありがとうございましたー!を言われずに店を出た。


まぁまぁ、そんなことで怒ったりしない。















怒ったりしない代わりに、二度と行かない。



くされ外道め、労働とは何か教えてやろうか。





私はアルバイトで接客業をしているが、


あんな接客したこともないし、そんな責任ない行動は出来ない。









ケンタッキー店員め、我が店で接客を受けてみろ。


生きてることを後悔するからよっ!!



ちくしょうが!









あわはら






難解貪欲中学生。



脳死について。







脳死とは、脳の機能の大部分は死んでいるが、心拍停止には至っていない状態。


植物状態の人間とは違う。





脳死者はいつか死ぬ。

確実に近いうち死ぬ。


もう不可逆的なものである。







それを踏まえたうえで、問いたい。








脳死者から臓器を摘出し、移植することに賛成か反対か。








んー、客観的に判断するとかなり難しいと思う。





一応、私自身は反対。


詳しくは書きませんが。




脳死者は、機械によってまだ生きているわけだし、(いずれ死ぬにせよ、脳死者が出産したケースもある。)


それは、殺人にしか思えない。







みなさんはどう思うか知りませんが、


自分の立場を明らかにしたほうが良いかもしれませんね。








あわはら






時代は変わる。貪欲中学生。





中学、高校のとき、人を好きになったことがあったら、




私の人生は、また違ったものになっていたと思います。







あ、たらればが嫌いではないのなら、続きを読んでください。










私は、中学、高校と男子校に通い、



女性がいない環境で、



ただひたすらに、新聞のスクラップと読書を磨いてきました。






いっさい人を好きになることはなかったどころか、



嫌な人ばかりいて、怠い毎日を送っていました。












もし、共学に通い、



女性に触れることが出来る環境があり、



まともな女の子を好きになることがあり、



しかも、付き合っていたりなんかしていたら、





確実にバンドなんかやっていなかったでしょう。





プリクラとか撮ってたり、メールしたり、していたでしょう。






今の自分とは正反対の学園天国がまっていたでしょう。






セックスとかして、友達の恋愛相談とかして、





でも自分は不幸だ。とか思い込んで。






私からしたら殺したいヤツNo.1です。







いやー、いいなーいいなー。

















とか勝手に思っていましたが、

今小学生のときを考えても、


女の子の友達はいなかったし、

半分引き込もってたし…。


なんも良い思い出はないですな。





やっぱり男子校でよかったのかもしれません。


中学、高校と、ありがとう、みんな。





嫌いな人だらけだったけど、最小限で済んだ、と思うことにします。












……でもやっぱり、女の子と机並べて勉強したいな。






あわはら






苛立ちと貪欲中学生。









悪いがお前ら隙だらけ。










私は女の格好が嫌い。女の化粧が嫌い。


春も夏も秋も冬も女の装いが嫌い。







安っぽい服で着飾って、




多品種、少量生産で、個性と勘違いしてほざく。





自分に魅力を出すために、付け足し付け足し…。








あげくの果てに、他を否定。




「あの服はないわー。」



「○○ってかわいいけど、目とか整形なんでしょー。」





こんな会話が大学校内で交わされている。









悪いがお前ら隙だらけ。








就職活動始まるやいなや、髪の毛の色を黒に染めて



私の取り柄は、協調性があるところです。




と、のたまわるんだろ?





外道だよ。卑劣だよ。





そんで最後は、上手く人生を歩んでいくんだよな。








良いな、ライトな人生でさ。









軽い人生でさ。












私は、拒絶する。








あなたを拒絶する。










あわはら








以前の貪欲中学生。









私のバンド「クライムシティ」が1年前に録音した音源を聞きました。






なんたる悲惨な演奏、思いつきのドラミングに、リズムがズレズレのベース。


バカみたいに割れたハウリングの音。








ドイヒー。









けど、なんか良いです。



なんか知らんが良いです。




現在と変わらぬほどの初期衝動かしら。







今は以前に比べ、演奏はマシになってきました。


リズムも合ってきたし、音も良くなってきました。




けど、私たちみたいなバンドは初期衝動を忘れたら

何にも伝わらないのかもしれません。







今ではやらなくなった曲、お蔵入りした曲、



もう一度やってみるのも良いかもしれません。





温故知新。








あわはら






災難の日と貪欲中学生。




クリスマスや年の瀬が間近の23日の夜中。







私の目の前で、

可哀相なことに人が血を流しながら倒れている。




どうやら、自転車同士でぶつかったみたいだ。





地面には、吐き気を催すほどの真っ赤な血だまり。






程なくして救急車が来た。






たぶん、命に別状はないと思うが、





血にまみれた人と夜の静けさは凄まじい光景だった。










こんな時期に怪我なんて、ツイてないね。










自分も気をつけようと思う。








みなさんも









あわはら。






漢の涙と貪欲中学生。







いわきである。







口にくわえた草が何度壊されても、修復しに来る修理工のオッチャンを想うと涙が…。









新潟に行ったときの写真です。

今思ったこと貪欲中学生。








今思ったこと。





前の記事の続きみたいなものです。








今日は性癖についてです。








私は、今まで人の性癖をバカにすることがありました。










露出やSMなど、私にはなんも興奮材料がありません。









そんな外でハダカになるなんて…。とか、








ムチで叩かれるのには、性欲を感じないなぁー。とか、










ばっかでーぃ!気持ち悪ーい!
なんて言っていました。













私自身、私の性癖は、とてもノーマルだと思っていました。












けど、よくよく考えたら、






私も、女性に自分の影を踏まれると興奮することに賛同されたことがない!












意外と自分もバカみたいです。















あ、あと書いていて、もう一つ、


ピクンッ!とくるものを思い出しました。









私は、昔から、なぜだか顔の下半分を隠している女性に弱い。







特に、くのいち(女忍者ね)なんかに、性欲を掻き立てられる。







なんでですかね?自分でもわかりません。








くのいち=おいろけ






が刷り込まれているからでしょうか。










みなさんも、たまには深いところへ行ってみると




おもしろいかもしれませんよ。











あわはら






初めての性感と奴隷に成り下がった翌日には貪欲中学生。








初めてエロに目覚めた日を覚えていますでしょうか。







なんだ下らない。


またかあわはら。


とお思いでしょうが、これって考えれば考えるほどおもしろいです。










私は、初めてエロに触れたのが、小学4年の


当時在籍していた野球チームの合宿のとき。



合宿先で、まだジャンプで始まったばっかのNARUTOを



夢中で読んでいたところ、





チームメイトが「なぁなぁあわはら見ろよー!女のハダカだぜーぃ!」




とヤングマガジンを見せつけてきました。





私はNARUTOに夢中だし、女の人なんかに興味はありませんでしたので、




全く見向きもしなかったのを覚えています。








とこれを初めてのエロと思っていたのです…………が、




さかのぼれば、まだまだ出てくる出てくる。




たとえばですよ。。





6歳のときはすでに奇行が始まっていた私。

はまっていた遊びの中に、電話ボックスの中でボーッとするという遊びがありました。


その電話ボックスの中には、名刺サイズのピンクチラシがびっしり貼ってあり、



それを眺めてウットリしていました。(幼いときのほうがエロいな。)






5歳のとき、


当時住んでいたビル(新宿在住なのでビルです。)


の14階にいたお兄ちゃんが、


たった5歳の私に、行きすぎた(エロ方面に)マンガ雑誌を


分け与えて洗脳しようとしていたであろうこともありました。






そして、3歳。


これが、1番古い記憶。




私は保育園に行っていました。



そこの先生で、小林先生という若い女の人がいました。





得てして、保育園の先生というものは、


いつもジャージやスウェットを着ているものです。



しかもゆるゆるだぶだぶのやつ。





ご多分にもれず、小林先生も首元がゆるゆるのスウェットを着ていました。









感の良い童貞キッズ諸君あらため、



性欲の探究者諸君は、もう気づいているかもしれませんね。








たとえ小さいころから長身の私でも、

当たり前ですが、3歳のころは先生よりちっこかったです。






先生は小さい人間に向かってしゃべるとき、前にかがみこむワケですな。




しかも首元がゆるゆるのスウェットです。




前かがみになったとたん、ぶーらじゃーがチラチラチラチラチラチラチラチラ………。




もちろん、ジーーーーッと眺めていましたよ。




私には、母親以外のぱいおつが秘宝に思えて仕方なかったのです。












今、この歳になって忘れていることが多いと思います。




我が人生の厚みを出すためにも、エロの出発点を探すのも悪くないです。












まぁー、お前はどんな性癖の持ち主だ?

その原因は?




ってことです。






あわはら







棚からぼったぼた貪欲中学生。






自分を棚に上げしゃべってんじゃねーよ!









と言いながら喧嘩してる人がいました。












私も気をつけます。









みなさんごめんなさい。


学校の方々、すれ違った方々、読んでくれてる方々、


ごめんなさい。






あわはら






演奏中貪欲中学生。








毎回のように女の人に対する愚痴です。










女の人は演技をしていると思います。





怒ったふり、



笑ったふり、



化粧で可愛くなったふり、



コスプレでキャラになったふり、








だから、写真集を見ても、雑誌を見ても


街行く人を見ても、




なにも感じない。





全部「ふり」に見えてしまうから。











そんな私みたいな人がいるから、




日本は、アニメや漫画が流行ったのだと思います。









私ももちろん、空想世界を夢見て生きる人間ですから。








まぁ、自分の頭の中が1番平和で、1番居心地が良いのですな。









今日も白昼夢を見ながら、登校。










あわはら









大切なもの貪欲中学生。







風の谷のナウシカでいうところの、


ウパ様萌え






アルフィーでいうところの


坂崎幸之助さん。






性癖でいうところの


足の裏フェチ









おちんちんでいうところの


真性包茎











好きないる人はいる。


少ないかもしれないけど仲間はいる。








そんな仲間を大切にしたほうが良いと思う。











そんだけ。









あわはら





どうなってるのだ、貪欲中学生。







女子会という言葉が流行語大賞を受賞したらしいです。








別に、なんでも受賞すりゃいいですけど、




女子会って同義語として、童貞会議が当てはまると思いますよ。





世間が、童貞会議を認めた瞬間ですね。









認めろ女子会参加者どもめ。




お前らは、下品なメスブタだ。






あわはら





プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。