スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっぱいの「い」を、「お」に変えて言ってみて!!・・・・・・・・・おっぱい!!貪欲中学生。


童貞同志諸君の夢である、「おっぱい」



はたして、その未知なる領域には、

はたして、その大いなる膨らみには、

何が、隠されているのだろうか。


今日は、そのおっぱいについて、
考察してみたいと思う。





考察
おっぱいについて




さて、おっぱい。
はじめに語られるべきは、その大きさであろう。言わずもがな、大きなものはイヤでも目立つ。現在グラビアアイドルは、F、G、H、I・・・。と大きければ大きいほどに注目される。(行き過ぎれば、ビックリ人間大集合!のエサになるだけだが。)私の記憶に残る限りでは、根本はるみなどのバスト100cmを超える大物をイエローキャブこと、おっぱい軍団が輩出し始めたことにあると考える。男性でなくとも、そのボリュームに目を奪われること必至であろう。そこに味を占めた業界は、ツラのクオリティーそっちのけっけで、大きな爆弾を探し始めた。今やKカップやLカップといった、指折り数えなければよくわからない怪物くんまでいると聞く。このことからおっぱいを語る上で、大きさとは、大半のウェイトを占めているといえるであろう。






しかし!しかしである!!では、小さいとは、控えめとは、否定されるべきなのであろうか!
否!否ですぞ!この巨乳飽和状態のなか、凛々しく、そして気高く、悠然と光り輝くその「無乳」。アンダーグラウンドかつ、少数派で、揺るぎない世界。巨乳に押されようが、決してなくなることはない根強い人気。この存在を、否定すべきではない!!小さなおっぱいとは、一般的な需要故、テレビや雑誌では見ることは無い。ゲームやマンガ、アニメの中だけで登場する。それではあまりにも偏りがあり、一般的な男性の目に触れることが少ない。しかし、私はその劣勢を小さなおっぱいが大きな成長を遂げるチャンスとしたい。そう、逆にそれこそが唯一のチャンスなのだ。小さなおっぱいが、これから台頭するための足掛かりにするのだ。無限大の可能性をその手に収めよ!グラビアやバラエティ番組に極貧乳アイドル、まな板アイドルとして売り出されれば、おっぱい下克上が起こり得るのだ。それを今か今かと耐え忍ぶ小さなおっぱい至上主義者の方たちを想うと、何故だろう、涙が止まらない。。






ここまで考察した結果。
私たち男性は今まで何かを見落としていたのではないだろうか。おっぱいとは大きさとは別の不可侵領域であり、神聖視されるべき絶対的な造形美。誰かの価値観に左右されるべきではない。私はなんと愚かだったのだろうか。これからは、贅沢しません。







今日の考察はココまで。
次回以降気が向いたら、形、弾力、色・・・多角的に分析していきたいと思う。それまで、しばしのおわかれ。ではまた会おう。






ひげとボインなクライムシティもよろしく!!






























スポンサーサイト

貪欲な中学生ではなく、中学生に貪欲なのです。


どうも汚いメーテルこと、虫採りオジサンのあわはらです。






つい先日、学校にてドメスティック・バイオレンスのことを学びました。

まぁ、そのくらいは、このダメ人間あわはらでも知っとります。

家庭内暴力、別名DVというやつですな。




しかし、現代の社会には、

もっと進化したデートDVというものがあるのをみなさんは知っていますか?

恋人や友人同士の暴力のことらしいです。

ブタ!ハゲ!汚い!など言葉の暴力から、肉体的な暴力まで。

とても広義的に使用されるそうです。




グダグダ説明してもしょうがない。


うん、結果的に言おう。。













誰か、僕をイジメてくれッッッ!!!!!













ん?ちょっと間違えた。

言い直す言い直す!誤解を与えたね、申し訳ない!













女性限定で!イジメてくれッッッ!!!!













いや、イジメて欲しいのは変わりません!!

というか、僕に構ってくれ!喋ってくれ!!癒してくれ!!

全国の童貞諸君に光を与えてくれぇぇぇぇええぇぇええ??!!








こんな人間ですみません。


だって、ダメ人間だもの。。










それでも行け行け!!クライムシティ!!!



ほんとこんなんじゃ、一生童貞だな。。

貪欲な中学生。



どうも、ダメ人間共同体こと、クライムシティのあわはらです。



夏が来てますね。 スイカやメロンソーダがおいしい季節です。


うだる暑さを、どうお過ごしでしょうか。


ワタクシ、この夏こそ、全国にチョコミントアイスを普及させようと思っている次第です。


「バニラに負けるな!チョコミント!2009夏!?THE MOVIE?」



夏だけでなく、年中チョコミントを食べられるようにマニュフェストを掲げ、


国民の皆様と戦っていく所存でござーます。









ところで、さてさて、とうとう、ついに! 

来ました日食!  来ちゃいました日食さん!


なんだか、大ブーム。

不景気不景気と言うくせに、20?30万も掛けて、沖縄に行く人も居るみたいね。

沢ケツのエリカ嬢さんも、奄美大島に行ってるみたいね。



いやぁ、こうなるとね、言いたくなっちゃうよねん。











明日、雨になんねぇーかなー。。

沢ケツの落胆顔が見たくてたまらん。







どうでもいいか、んなこと。。



また会おう、童貞同志諸君! 我等に希望は無い!!

有るのは、余った皮と、大量のティッシュだけだ!!







生きるべきか、死ぬべきか・・・それが問題!!クライムシティ!!

貪欲中学生の進歩

こにゃにゃちは、あわはらです。


昨日のライブでは、一曲目からギターの音は出ないわ、

女の子とチューはするわ、で大変だったニャー












・・・いや、頬っぺたよ!頬っぺた!



男どもは、激盛り上がりだったけど、

女の子は、ドン引きによるドン引きでしたにょ。。












でも、まぁ良いライブが出来てよかったぁ。

こんなゴミバンドを盛り上げてくれた人達に感謝だな。




ありがとう!ゴミ同志諸君!



バイバイ!



そう、奴の名はクライムシティ!!

今日の貪欲中学生。


今日はクライムシティのライブ。

蒲田のCLUBTopsでおまー。


4バンド中2バンド目。
クライムシティが次鋒だなんて、まったく成長したもんだ。


今日はいったい何をしでかそうか。

今日はいったいどんなミスをするだろうか。



そう、いつだって童貞は、

期待と不安でいっぱいなんだ。


不安定でロマンチック、
それがクライムシティなのだ。



バイバイ。あわはら

クライムシティの貪欲中学生。

ついに始まりました。貪欲中学生。


このブログは、クライムシティというバンドが





『貪欲かつ遠慮がちに・・・、生きよう。』





の目標を元に設営したブログです。

これから、また?りと書いていこうと思います。

よろしくおま?。。







どっこい生きてる、クライムシティ!!






お暇ならライブ見に来ておま?          7月14日→高円寺GEAR
7月19日→蒲田TOPS
      
プロフィール

クライムシティ

Author:クライムシティ
こんな国を好きだというのか、と言う私。大丈夫、この国は大丈夫。と言う君。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。